オカルト・不思議・謎まとめ

怖い話、怪談、不思議なこと、謎のまとめブログです

【不思議体験】不可解な体験、謎な話4篇  

460   2018/02/19(月) 07:06:22.27

小学3,4年だったときの事
学校で、教室のすぐ近くに、学芸会に使うような用具倉庫があったんです。
なぜかいつも鍵が開いてたため、よく友人らと入って喋り場として使ってました。

ある日の放課後、友人と2人でそこで話をしていると、友人が
「トイレに行く」とかでドアを閉めずに全開にして出て行きました。
ドアはノブを回して内側から開けるタイプです。
閉めようとすると、なぜか倉庫の前に、おばあさんがいました。白髪です。
先生ではないことはわかってましたが、部外者のはずのそのばあさんが、ここにいた事が納得できてたんです。
おばあさんが何を言ったのかは、よく覚えてませんが、「友人を追いかける」ようなことを言うと
ドアを閉めました。
とりあえず、友人が帰ってくるまで待つか、と振り返ると、出て行ったはずの友人がいます。
「今、確かに出て行ったのに」と思い、ドアを開けようとすると、
「いや、今開けたら悪りい」と妙に落ち着いた口調で言います。
それでも友人の言うことを聞かずに開けようとすると、なぜかドアが開きません。
ドアが壊れているとかではなく、外側からとても大きな力で押されてる感じでした。
説明のつかない異様なものが外にいる!と直感を感じましたが、そばに友人がいたので、なぜか怖くなかったです。
そこで友人に、「出て行ったはずなのに、なぜここにいるのか?」と普通はそう聞くのですが、なぜか、
「今、おばあさんがお前を追いかけていった」と伝えると、急に友人が何も言わず開かなかったはずのドアを
自分が通れる隙間だけ開け、するりと出て行きました。


461   2018/02/19(月) 07:08:02.51

友人がいなくなり、一人きりになった途端、急に恐怖感が沸いてきました。
ドアの外にいるものが、いつ、ドアを開けて入ってくるのかと思うと、
また、倉庫の隅の真っ暗な所にも、何かがいるような気がして、もう怖くて怖くてたまりません。
いかにすれば。
目を瞑って片手で覆い、「ごめんなさい、ごめんなさい」とつぶやきながら、そおっとノブを回すと、ドアは開きました。
数十歩、歩いたところで、「もう下駄箱の辺りに着いただろう」と思い、ゆっくり目を開けました。
ところが、いたのは倉庫の中のドアの前でした。もう何が何かさっぱりわかりません。泣きそうになりましたよ。
友人が帰ってくるのを待とう。目を瞑り、顔を手で覆い、箱の上に座りじっとしていると、
外から、運動場で練習をしている野球クラブの生徒等の声が聞こえてきました。
その声に救われました。何かあっても大声で叫べば助けに来てくれるだろう。
ノブを回し、ドアを思い切り押し開けると、外には誰もいませんでした。
ホッとひと安心。下駄箱で靴を履き、外に出て野球部の生徒らを見たところで、やっと
まともな世界に帰ってこれたことを実感しまいした。
あーよかった。校門を出ようとしたそのとき「ハッ!」と思いました。
「さっきまで一緒にいたやつって誰だろう?」
急に、さっきまで一緒にいた友人が誰だったのか、どんな顔だったのか、どんな背格好だったのか、まったく憶えてないんです。
「あれえ・・・? 誰だったっけえ・・・?」
帰り道ずっと、心当たりのある人間を思い浮かべたんです。
友人、クラスの奴ら、同じ学年の奴らから、上級生、下級生、
果ては校区外の友人や、いとこのことまで、隅なく思い浮かべたんですが、誰でもないんです。
「まあいいか」、その時は子供だったからなのか、あまり深くは考えませんでしたが、
あとになって、たびたび、ふいに、この出来事を思い出すたびに気味の悪い気分になりまた


462   2018/02/19(月) 08:41:03.56

まさかとは思いますが、この「友人」とは、あなたの想像上の云々…


463   2018/02/19(月) 09:02:04.29

>>462

林先生!


470   2018/02/20(火) 14:10:50.46

昔風呂で頭まで潜って息止めの訓練をしてたことがあって、いつも大体30秒くらいで苦しくなってあがっちゃうんだけどある時いつまでたっても全く苦しくならないことがあった。
もうとっくにいつもの30秒はすぎてるんだけど微塵も苦しくならなくて、潜りながら「え?俺今魚みたいに水の中で呼吸してるのか?」とか妙なことを考え出して、しまいには「もしかして俺もう気を失ってるのか?」とか考えるようになって
結局全く苦しくないのに怖くなってあがってしまった。
その後また潜ってみると今度はいつものように30秒くらいで苦しくなるっていう状態に戻ってて、なんだかあの時「もしかしたら俺は凄く貴重な片道切符を逃してしまったのかもしれない」と思ったことがある


471   2018/02/20(火) 15:06:17.25

いやそれほんとに片道切符だから! 行ってたら二度と戻ってこれなかったから!


472   2018/02/20(火) 14:58:36.22

>>470

片道…
死への、ってことか


473   2018/02/20(火) 16:15:20.19

小学生の頃、水泳習っててバスで毎週20分くらいかけてプールへ通ってた。水泳教室以外では行かない場所だったからプール周辺は、よく知らない場所だった。

ある時何時ものようにバスでプールに着いてプールへ入ろうとしてたら蝶みたいな羽根したトンボがヒラヒラ飛んでて珍しいんで捕まえてやろうと追っかけた。

巧みに飛ぶトンボでなかなか捕まえられなくて何かに停まったとこを捕まえようとトンボの後を付いて行ったら墓地の墓石に停まった。こんな住宅地に墓地なんか在るんだななんて思ってたらトンボが停まった墓の前に爺さんが居てビックリした感じで目を見開いて俺を見てた。

俺が爺さんに何か用?って尋ねると照れくさそうに知り合いの坊っちゃんに似てたとか言って帰ってった。その間にトンボは何処かへ居なくなってて悔しい思いをしたけど何週間かして、ふと思い付いてもう一度そのお墓に行って墓石を見ると

墓石の側面に何人かの名前と年齢が彫られてて、その中に俺と一つ違いの子供の名前が彫られてた。

臆測だけど爺さんと墓石に彫られた少年は兄弟か何かで、その少年と俺が似てたんだろうと思った。それから何年かしてもう一度見に行った時、墓石にあの時の爺さんと思われる名前が彫られてた。

たぶん兄弟だったんだろうな。少年の名前は二郎で爺さんと思われる名前は四郎だったからね。不思議か?と言われたらそうでも無いが、妙に印象に残ってる出来事だった。
http://u111u.info/jT66

474   2018/02/20(火) 21:01:50.12

この場合の「何か用?」はお前じゃなくて爺さんの台詞だろ普通は
お前こそ何の用だよw


475   2018/02/21(水) 00:41:05.27

>>470

ゾーンに入ったんじゃね


476   2018/02/21(水) 00:43:23.74

>>475

それだ!天才か?



477   2018/02/21(水) 06:53:37.15

去年の暮れにワンコに病気で死なれたんだけど
1月なかばくらいまで、夜中に犬が歩き回る足音が
カツカツカツ(爪がフローリングに当たる音)って
何度か聞こえてた。

初めてその音を聞いたのは、ワンコが死んで3日目の夜。
主人と一緒にベッドに入ってて「今、足音が聞こえた!」と
叫んだら、主人も「俺も聞いた!」と、二人で飛び起きたよ。

翌日の夜は、寝ようと思って寝る前に台所にお水を一杯
飲みに行ったら、台所の入り口でワンコの匂いがプーンと漂った。
「ここに、あのコがいる~!!!!」と私が叫んだら
主人もやってきてクンクンしまくって「本当だ!アイツの匂いだ!」
と二人で騒いでクンクンしまくってしまった。
泣きながら匂いを嗅いでいたら、5分くらいで匂いは消えてしまった。

そんな事が1ヶ月くらいの間に数回起きたよ。
でも、1月の半ばにワンコが夢に出てきてね。
夢の中で一緒に散歩して、ゴハンとオヤツをたくさん食べて
最後にお風呂に入れてやって、きれいにしてあげたら、
シッポふって嬉しそうに走って行ってしまって、、、、
それっきり、二度と足音も匂いもしなくなってしまった。

きっと天国に旅立つ前に最後に夢で会いにきてくれたんだと思う。
こんな事ってあるんだなぁっと、試しに検索してみたら
同じような体験談がネットにたくさん書かれてて
やっぱり、こういう事あるんだと、納得した。

いつか自分が死んだら、もう一度あの世で会えたらいいなぁ。


478   2018/02/21(水) 08:00:37.34

二人で泣きながらクンクン匂い嗅いでる姿を想像してワロタ


479   2018/02/21(水) 10:55:41.04

犬も四十九日なのかな


480   2018/02/21(水) 12:11:23.04

>>473

泣いた
http://u111u.info/jT66

引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1515073854/




関連記事

Posted on 2018/02/21 Wed. 21:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top