オカルト・不思議・謎まとめ

怖い話、怪談、不思議なこと、謎のまとめブログです

【不思議体験】「殿様に首を落とされるぞ」  

109   2017/06/01(木) 06:38:34.42

私の住むド田舎での話。

訳あって私は両親と隔離される形で、祖母の家に住んでいた。
とんでもないド田舎で信号もコンビニも八百屋も無い所。
楽しみと言えば女の子を連れてのドライブか町に一件だけあるパチンコ屋さんくらい。

ドライブと言っても原付きなんだけれど。夏休みで従弟がこっちへ遊びにきてた。原付きに乗るのが大好きだった。
このド田舎に出来る予定の途中までできている新しい舗装路を見せてやろうと従弟をそこへ連れていった。

山を切り取った舗装路なんでそこからの眺めは絶景。
途中までは従弟も喜んでいたが、ある地点から先に行くと従弟が泣き叫びながら帰りたがった。
気味が悪かったのでUターンしてその日は帰った。

しかし、その舗装路は当時の私が働いていた会社の現場で
日々熱々のアスファルトを敷いて慣らす作業をこなしている現場だった。
従弟が夏休みを終えて帰った後も作業は当然続く。

あの日から気味が悪いなぁと思いながら働いていた。
でも、何も起こる気配も無いんで作業を続けた。
ようやくもう100mも掘れば民家がある地点まで来た。
民家地帯を100mほど、合計200mも進めれば完成だから私は嬉しかった。
ようやく油と砂埃にまみれた現場を終えていつものように、家作りが出来ると喜んでいた。

土砂崩れなどの対策にフェンスを貼って行く段階になってフェンスを貼っていた時の事。
フェンスの向こう側に子供が1人。10歳くらいだろうか。
「フェンスに今触るとモルタルが乾いてないから危ないからこっち側においでー」と声をかけた。
すると子供は「殿様に首を落とされるぞ ぎゃははー」と言い残して無邪気に去っていった。

アスファルトを貼りに先端に戻ると山を掘るための重機のキャラピラが外れて山から落ちていた。
その日は中止という事でアスファルトを敷けるところまで敷いて帰宅。
次の日の朝礼では現場監督が風邪で重機を運転できるおじさん3人も風邪で休み。
なので道路ではなく、老人会の間伐のお手伝いなどをした。


110   2017/06/01(木) 06:40:36.54

その次の日、社長が警察に連れて行かれて重機スタッフも現場監督も風邪で休んでいて
事務のお姉ちゃんと私と自宅謹慎中の高校生バイトだけが朝礼に参加した。
指示する人も居ないんで解散。

翌日も仕事に行くが、事務のお姉ちゃんが社長から伝言があると言う。
内容はしばらく休業という事だった。
早く落ちた重機を引っ張り上げないと錆びて使い物にならなくなってしまうのになーとか
そんな悠長なことを私は考えていた。

それから1週間ほどして事務のお姉ちゃんが地元のおエライ議員と不倫をして駆け落ちした。
そんな風に噂が流れたが真実は定かではない。ただ会社はクビになってた。
その次の日、町長も兼ねていた社長が横領で逮捕されたというニュースが流れた。
会社は倒産し、私は仕事を失い、道路は完成を目前にして完成しなかった。

あの地域にまつわる因縁のような物があるのではないか?と思い自分なりに調べてみた。
謎の少年が言っていた殿様というのも気になるので出来ればそういう方面での因縁を探すが、無い。
唯一あったのは100年ほど前に天理教があったらしいという事だけ。
天理教は迫害を受け、建物を借りては迫害され移動するというのを繰り返していたそうな。

殿様とは関連がありそうにも無いので、殿様とは今の政府の事で
クビを落とされるというのは仕事を失うという意味だったのではないかと解釈してる。

もしかしたら全て偶然が重なっただけかもしれないし、そっちの方が可能性は高い。
だけどあの少年には見覚えがなくて幽霊では無いかと思っているのが引っかかる。
仕事を失ってからたこ焼き屋になったんで、地元の子供ならだいたいは見ているはずだけど
あの少年にはそれから2度と出会えていない。


111   2017/06/06(火) 13:27:44.19

とある漫画家が肩が上がらなくなる症状に悩まされていた。
日に日に症状は重くなり、とうとう漫画が書けなくなってしまった。
医者に診てもらっても「異常なし」と診断され、原因もわからなかった。
漫画家は悩み抜いた末に、藁にも縋る思いでとある霊能者を訪ねた。
霊能者は「あなたには日本兵の霊が憑りついている」と言い、お祓いをした。
すると、症状はきれいさっぱりと無くなった。これは実話である。

人気お笑い芸人のKさんは、地方営業やテレビ出演の際に、上の話を自身のネタとして面白おかしくふざけた調子で語っていた。
そのことを耳にした件の霊能者は激怒し、Kさんを呼び出した。
そしてKさんにこう言った。
「今後、その話をおちゃらけた調子でするのであれば、あなたにハムスターの霊を憑りつかせる」と。
ハムスターの霊に憑りつかれた者は頭の回転が遅くなるという。常に話に機転を利かせなければならないお笑い芸人にとっては、これは致命的である。
しかし、Kさんは霊能者からの牽制があったにもかかわらず、さんまが司会の番組でふざけた調子でこの話をした。
現在、Kさんにはハムスターの霊が憑りついているのは間違いない。
最近は以前に比べてKさんのテレビ出演は減ったものの、地方の営業先では大人気とのことである。
特に子供たちからの人気は絶大で常に地方巡業でスケジュールは埋まっているとのことである。ギャラも相当な額を稼いでいるという。
また、2016年の春ごろに7歳年下の一般人女性との婚約を発表し、私生活も非常に充実しているとのこと。
Kさんは早稲田卒の秀才であることからも相当に頭のきれる人物であると推察できる。
ハムスターの霊が憑りついたところでそんなの関係ないのかもしれない。


118   2017/06/09(金) 22:15:02.89

>>110

不気味だなぁ
無神経に開発するなよ、と云う忠告なのかね


引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1494854354/




関連記事

Posted on 2017/07/15 Sat. 09:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top