オカルト・不思議・謎まとめ

怖い話、怪談、不思議なこと、謎のまとめブログです

【不思議体験】三毛猫「ワシはこの家を出て行く。達者でな。」  

675   2017/04/09(日) 09:15:03.73

祖母に聞いた話。
祖母が子供の頃、家に大きな年を取った三毛猫が居たそうだ。祖母はその猫によく面倒を見てもらい、縁側でよく日向ぼっこをしていたそうな。
ある日、祖母に妹ができ、「猫は赤ちゃんを害する。」と三毛猫が邪険に扱われるようになった。

ある晩、祖母が厠に夜中起きると、三毛猫が縁側で二本足で立って庭を見ていた。
猫は祖母に気づくと、「ワシはこの家を出て行く。達者でな。」というとピョンと庭に飛び降り、テテテッと塀の側に走り、飛び越えて(この時は四足だった)それっきり帰ってこなかった。


676   2017/04/09(日) 09:52:59.26

>>675

邪険にされたんならそりゃ猫は出て行くよな
他の家でも餌とか貰えるんだし


677   2017/04/09(日) 10:30:19.93

>>675

猫に面倒見てもらってたのか?


678   2017/04/09(日) 13:15:32.85

面倒見てもらった、って言ってた。まだ子供で、外に一人で出歩く時は猫が付いてきて危ない事をしようとすると鳴いて止めたり、ご飯を挙げると残して祖母を呼びにきて、「私はいらない、ご飯あるから。」と言うまでじっと祖母を見てたり。
風邪をひいた時に寝てるとずっと枕元で頬に顔をくっつけて、額に尻尾を乗せてたりしてくれたそうな。


680   2017/04/09(日) 14:09:20.22

寝かしつけレベルじゃなくて驚いた


687   2017/04/09(日) 18:16:16.47

>>680

俺もそうだけどヌコ好きの人にはそんな風に感じられるんだよ
興味ない人には全くそんな風には映らない普通にじゃれてるだけなんだけど


690   2017/04/09(日) 18:59:35.97

>>675

自分も祖母から猫がしゃべった話を聞かされたことがある
祖母の父親が体験した話らしい(自分からしたら曾爺さん)

農家の曾爺さんの家でも猫を飼っていて
野良仕事が終わる頃には いつもその猫が曾爺さんの畑まで迎えに来てくれていた
ある日いくら待っても猫が迎えに来なかったので
曾爺さんは一人で帰ることにしたんだけれど
途中で家の方から猫が走って来た
何とはなしに「今日はずいぶん遅かったなぁ」と話しかけた
すると猫が
「今日のごはん熱くて食べるの時間かかった」と言ったように
曾爺さんには聞こえた
まぁ、気のせいだろうと家に帰って
これまた何の気なしに曾婆ちゃんに
「今日は猫が迎えに来るのが遅くてなぁ」と話したところ
「おじやが熱かったのかね、ずいぶん食べるのに時間かけててね」と
さっき空耳だと思った猫の話と同じ理由が返ってきたんだと


691   2017/04/09(日) 19:16:24.42

>>690

人の言葉を話すようになっちゃうちに置いておけないと思った爺さんが、猫に握り飯を持たして放逐した話はどっかで読んだ覚えがある
http://u111u.info/jT66

692   2017/04/09(日) 19:22:29.71

>>691

あ、この話は前にどこかのスレに書いたことがあるんだ
そのときの話だな


693   2017/04/09(日) 19:24:12.06

猫に握り飯の入った風呂敷を背負わせて
山に放したらしいんだ…
そのとき何度も振り返りながらも猫は山に入っていったって


694   2017/04/09(日) 19:34:14.83

想像したら泣けてくるな



695   2017/04/09(日) 19:47:29.98

祖母の家のと違って、我が家のご主人様は21歳で身罷ったが、ついぞ喋らなかったなぁ・・・。
お喋りな猫ではあったが、人間の言葉は話さなかった。


696   2017/04/09(日) 19:52:36.12

俺も猫が話すアニメ見たことある


697   2017/04/09(日) 20:32:01.84

これだな
【実話】爺さんばあさんから聞いた怖い話【怖い】
20 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/04/05 13:45
怖くは無いけどね。
俺のばあちゃんが子供だった頃、家で猫を飼ってたらしい。
で、ばあちゃんの父ちゃん(以下ひいじいさん)が畑仕事から帰る時間になると、
決まってその猫が迎えに行ってたんだと。
ある日、いつもの時間よりだいぶ遅くなってから猫が迎えに来たことがあった。
ひいじいさんは猫に向かって
「今日は随分遅かったなぁ。心配したぞ」と何となく言ったそうだ。
すると驚いたことにその猫が
「今日はおじやが熱くて食べるのに時間かかった」とつぶやいたそうだ。
家に帰ってばあちゃんの母ちゃんに、さっきの話しは伏せておいて
「猫が来るのが今日は遅かったなぁ」とそれとなく言ってみると、
「あぁ、今日はおじやが熱かったみたいで、随分食べるのに時間かかってたみたいで」
と猫が言ったことと全く同じ答えが返って来たそうだ。

それ以来何だか怖くなったひいじいさんは、その猫ににぎり飯を背負わせ、
「おまえは多分化け猫だ。人間とは一緒に暮せねえ。元気で暮せ」と山に捨てたと言うことだ。
その話しを聞くたびに、猫が可愛そうで納得がいかなかった。


698   2017/04/09(日) 20:55:00.71

姉夫婦のとこに13年の三毛猫がいるが
ニャゴニャゴムニャムニャグルルルと長く鳴くようになってた
コイツはあと数年したら喋るようになる、きっと
http://u111u.info/jT66

699   2017/04/09(日) 21:01:47.91

ウチの猫も便意催すとうんちうんち言うから大したことないだろ


701   2017/04/09(日) 21:47:22.05

なんというほのぼのとした話であろうか


引用元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1484901135/




関連記事

Posted on 2017/04/11 Tue. 00:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top