オカルト・不思議・謎まとめ

怖い話、怪談、不思議なこと、謎のまとめブログです

妖怪って実在するんか?  

風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:31:55.74 uRovO+WZ0

考えすぎて眠れなくなったわ


風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:32:28.95 uRovO+WZ0

ワイは人が感知できなくなっただけで妖怪は居ると思うんやけどどうなんやろか?


風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:33:12.82 uRovO+WZ0

昔は鬼とか妖怪とかって普通に人里にも居ったんやろか


風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:33:25.77 7AA9/Gyg0

末裔やで


風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:33:34.40 b3VIE0xW0

おるぞ

おる


12 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:34:33.82 uRovO+WZ0

想像だけであんなに妖怪とかって描けるもんなんやろか?
実在したからこそ絵とか伝承になって残ってるんじゃないんか?


15 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:35:15.89 7AA9/Gyg0

ゲームのキャラとかも妖怪みたいな扱いされるんやろか


16 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:35:17.52 WCV/7LHB0

オカルトめいてるかどうかは別として
ガイジを妖怪呼ばわりしてたとこもあるんやろ
http://u111u.info/jT66

18 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:35:47.31 QaBQhXCWa

妖怪は人間の奥底に眠ってるもんやで


20 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:36:22.83 fE7y/6Ww0

>>12

完全に想像で描かれたものってあるか? よく考えてみ
実在のもののパーツを変更したとかその程度やろ
妖怪が実在し得ないとまで言う気はないが、そもそも最初から創作として描かれたものが大半やで


21 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:36:34.93 uRovO+WZ0

>>16

なるほどね
差別用語としてガイジを妖怪呼ばわりしてたのか



22 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:37:29.10 uRovO+WZ0

大学で民俗学とか学びたかったンゴ


23 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:38:20.78 fE7y/6Ww0

>>16

ガイジは妖怪化することは少ない
ガイジの駆除や隔離に関わるエピソードが怪異譚的になることはまぁある


24 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:38:21.26 gdwctqNxd

水木しげるとぬ~べ~で育ったワイからすればいて欲しい


25 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:39:41.81 C7NF6RqF0

廃村寸前の村にある寂れた神社もどき巡るのが趣味やけどガチでいそうな雰囲気はあるで
http://u111u.info/jT66

26 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:39:55.46 aichWxD20

昔は怖い自然現象とか日常の出来事に説明が付けられなかったから妖怪の仕業という事にしたんやで
おっそろしい妖怪の造形は奇形の動物や人間が元だったりする事もあるし世代を経て人間の恐怖心によってよりおどろおどろしく変化して行ったんやで


27 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:40:28.45 uRovO+WZ0

>>25

ワイもそういうとこ好きやで
神聖で厳かな感じでどこか忘れられた感じがたまらないんや


28 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:40:43.75 JuCfi1K+0

昔の木造家屋は夜になって気温が下がると木材が収縮してパキパキいうやろ?
あれを「見えないけど誰かおる」って思ったんや


30 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:41:40.41 aAPEq/IL0

逢魔時に常世と幽世が曖昧にある瞬間がある
そこに迷い込んだ人がうんたら


31 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:41:56.09 /Zl7G66X0

遠野物語の河童の子は奇形児(ぶどうっ子)のこと言ってるみたいやな


34 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:42:41.38 JuCfi1K+0

ひとつ目小僧とかもろに単眼症の奇形児よな


35 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:44:03.61 C7NF6RqF0

茨木童子とか鵺とかはガチでいたやろ
http://u111u.info/jT66

36 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:44:08.94 uRovO+WZ0

今では医学とか科学で説明できることが当時は不可能やったからそれを妖怪で一括にしたってことなん?


38 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:45:18.96 fE7y/6Ww0

>>34

単眼症は関係ないね
製鉄の過程において火を覗くことで片目が潰れがちなんや
巨人でない単眼は世界的に製鉄の意味をもつ記号でな
代表的な例が一本だたらという妖怪だったりするんやが、唐傘や一つ目小僧は後世でこいつが変容したものや


39 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:45:44.35 j6cyeYV7K

今でも八尺様だなんだ出来てるから昔やからいまやからあんま関係ないんちゃう


40 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:45:58.69 /Zl7G66X0

ネットにあがってたわ遠野物語読み返そう

川には河童多く住めり。猿ヶ石川殊に多し。松崎村の川端の家にて、二代まで続けて河童の子を孕みたる者あり。生まれし子は斬り刻みて、一升樽に入れ、土中に埋めたり。其形極めて醜怪なるものなりき。


41 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:46:29.23 fE7y/6Ww0

>>36

違う
結果的に後世で科学的に説明がついたというだけ


46 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:48:49.50 344cZy3p0

>>16

トリーチャーコリンズとか産婆にキュッっとされてなければ妖怪扱いやったろうなあ


54 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:52:50.96 uRovO+WZ0

百鬼夜行とかってなんなんやろか?
妖怪の大群とか想像するだけで胸熱やで
http://u111u.info/jT66

55 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:53:07.81 fE7y/6Ww0

>>54

創作


57 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:54:13.10 uRovO+WZ0

>>55

まーたそれで片付けるんか
じゃあ捜索だと思える根拠を言えや


59 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:54:24.38 imSDW4ow0

妖怪は太古に溶解したからもうおらんで


63 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:55:01.65 tJ4ZHwV9M

ワイは妖怪頭皮晒し


64 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:55:01.75 uRovO+WZ0

平安京で起きた現象を誰かワイに説明してや


66 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:55:28.79 ulOBdLEw0

>>38

諸説ある中でそういう説を支持してるってだけで単眼症が無関係なことまったく説明できてなくて草


68 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:56:01.05 fE7y/6Ww0

>>57

百鬼夜行の初出は「単なる鬼の集団」の話
たしか宇治拾遺物語になると思う

いろんな妖怪が集まって行進していくような性格がつけられたのは室町時代以降の後付け
http://u111u.info/jT66

73 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:57:44.46 fE7y/6Ww0

>>66

諸説ある、でなく定説やで
単眼症はそもそも妖怪化して人口に膾炙するほどの発生割合がないし、ヒトの世界で生まれ出るものやから妖怪化するとしても小僧というかたちにはならんのや


74 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:58:26.51 uRovO+WZ0

>>68

はえーそうなんか
何のために後付けされたり妖怪って創作されるようになったんや?
そもそも妖怪は何のために創作されたんや


78 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 05:59:40.64 ulOBdLEw0

>>73

むしろ膾炙してるなら妖怪として扱われるわけないやんけ…
よく理解できてないなら言葉使うなや…


85 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:01:44.39 fE7y/6Ww0

>>74

伝言ゲームですら人間はろくに形を保てんのやぞ
変質していくんは当然なんよ

創作に関しては、ワイらもいろいろ荒唐無稽なもん考え出しとるやろ
当時の人が妖怪として記録したわけじゃないものを後世の人間が「妖怪!」って騒いどるだけっていうんがほとんどや
Wikipediaでテキトーな妖怪を調べるだけでもわかるけど、4割くらいは鳥山石燕の創作妖怪や


88 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:02:26.05 fE7y/6Ww0

>>78

膾炙するほどない、って言っとるやんけ
日本語読めんなら無理に噛み付くのはよくないで


96 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:05:53.99 05UyqfqO0

>>64

ニンジャのセプクやで


97 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:06:01.86 W3I2B8yV0

>>73

どうせそれマンガあたりの知識だろ
谷川みたいな物書きが本売るのに作ったデタラメ吹聴すんなハゲ

民俗学なんぞ嘘つきまくったから都市伝説の発生のメカニズムの資料にしかならんエセ学問

キィプクロスと天目一箇神以外に鍛冶と一つ目の関連性のあるもん言ってみ?
http://u111u.info/jT66

98 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:06:19.55 Dbu19Ta90

河童と遊んだ事あるわ


99 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:06:39.47 fE7y/6Ww0

>>97

一本だたら


100 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:06:50.53 uXargQ2O0

>>98

エロいことしたか?


104 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:07:49.29 uRovO+WZ0

よく龍を見たとか河童を見たとか言うやつはただの虚言癖なんやろか?
龍とか神様は実在すると思うんやけどやっぱ居らんのやろか?


105 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:08:33.01 xFDkG8Vg0

他にも大っぴらにはできん因習や事件を妖怪や神の仕業として語り継いどるもんや
直接は書けんものを怪異譚として残したりしとるんや
そういう中で妖怪や怪談は生まれるんやとワイは思うで


106 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:08:40.11 OTMb3tGya

>>104

逆になぜ龍が存在すると思ったのか


107 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:08:41.39 Dbu19Ta90

>>100

オスやから
川で一日中泳いだ
相撲はしなかった
http://u111u.info/jT66

108 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:09:18.94 W3I2B8yV0

>>99

だからそういう本売り連中のカスの創作出すなよボケ
だから民俗学はカスなんだよ


109 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:09:27.26 uXargQ2O0

>>107

魚捕って食ったりせんかった??


110 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:09:51.06 uRovO+WZ0

>>106

龍とか麒麟って存在してほしいっていう願望ないんか?
カッコええやん


111 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:10:07.10 rzTLVMO5p

682 風吹けば名無し@無断転載禁止[] 2016/12/10(土) 06:14:25.59 ID:JxMEVE/x0

プテラノドンはワイが小3の時の出来事や
ワイの家は川ぞいにあるんやが
友達と別れて帰宅する途中
川の柵に巨大な鳥がとまってたんや
ほんとに見たこともない鳥でしかも大型犬くらいの大きさがある
んで止まって見てたらそいつが飛び上がって山の方へ向かった
羽を広げたそいつはまさにプテラノドン
それを目で追ってたら数回巡回したあと低空飛行でワイめがけて飛んできたんや
ワイは連れ去られると瞬間的に察知して自転車ガンゴキで逃げた

長文失礼


112 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:10:21.63 XU1/J9jJ0

>>104

もしも寝起きに川で小便してるときとんでもないサイズの蛇が川で跳ねたらそれを龍と勘違いしてしまうかもしれない
禿げたおっさんが草むらから現れたら河童と勘違いしてしまうかもしれない

全部勘違い


114 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:11:10.65 uRovO+WZ0

>>112

龍って空を飛んでるイメージがあるんやが


115 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:11:25.97 xFDkG8Vg0

>>110

龍は暴れ川で麒麟は稲妻を伴う大嵐あたりを偶像化したもんちゃうか?
http://u111u.info/jT66

116 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:11:31.48 OTMb3tGya

>>105

遠野物語の河童なんて明らかにガイジ間引きの話だしなあ
神隠しだって遭難者捜索の打ち切りの方便が大半だろうし


118 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:11:59.42 76hpINkd0

>>111

こういうの無駄に文才あるよな


119 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:12:29.14 2958fuyk0

天狗外人説


120 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:12:52.68 Dbu19Ta90

>>109

したで
鮎とって焼いて食った
そういや生では食べんかったな


121 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:13:06.52 fE7y/6Ww0

>>108

君が何を持って本の受け売りだからだめ!みたいなことを思っとるんか知らんけども
ワイが説を唱えているわけでもないんやからむしろ文献の存在に噛みつくほうが異常やで
しかも意見を唱えることが創作というなら単眼症説の方がそれこそ論拠のない創作や
単眼症が関係ないとまで言い切るような表現をしたのはワイが悪かったが、鍛冶と結びつける学術論文は国内外を問わず多数ある一方、単眼症と結びつける文献は寡聞にして個人のウェブページくらいしか見たことがない
連想ゲームの範疇を出ていない意見や


122 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:13:58.86 uhb740kea

山海経?とか紀元前からある妖怪図鑑もあるし
実際その辺もごっちゃになっとるよな


124 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:14:49.23 xFDkG8Vg0

>>116

こういう寓話が作られた時代て今じゃ想像つかんくらい混沌としとるからな
飢饉や天災で何度も地獄みたいな思いすれば
そりゃ怪物も生まれるやろな
http://u111u.info/jT66

125 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:15:02.29 uXargQ2O0

>>120

ええな、でも塩はどうしたんや
そのまま食ったんか


126 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:15:17.81 W3I2B8yV0

>>121

クソな長文でウソまくならお前の参考文献上げてみ

どーせ小説家の自称研究者だろ


128 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:15:51.05 uXargQ2O0

>>126

こいつ癇癪起こす妖怪ついとるんやないか


129 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:16:04.55 xFDkG8Vg0

>>119

桃太郎の鬼も遭難した外国人説あるな


130 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:16:17.04 fE7y/6Ww0

>>122

山海経はあくまで地理書やね
たとえば人魚という単語の初出はこれなんやけども、半人半魚の存在を記したわけじゃなく、読んだ奴が名前から半人半魚を想像したんよね
実際にはオオサンショウウオだかサンショウウオだかの生息を記録したもの


131 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:16:58.94 Dbu19Ta90

>>125

持って行ったに決まってるやろ
そのまましごうして塩焼きや


132 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:17:10.30 qYqVvU1+0

>>129

赤鬼は酔っ払ったロシア人説みたことある


133 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:17:54.48 uhb740kea

>>130

地理書言うても当時の世界観出とるんやから後世から見たらそら妖怪図鑑やろ


134 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:18:00.94 S1zvullA0

>>121

めっちゃ早口で言ってそう


135 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:18:17.51 76hpINkd0

>>132

ワイは漂流して日焼けした白人説信じとる


137 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:18:49.55 uXargQ2O0

>>131

ええな…うまい魚食いたいンゴ


138 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:19:27.28 wmYN1ETQ0

>>129

三国時代の呉にはヨーロッパ付近から来た人とか混血の人が居たみたいだし日本に来ててもおかしくないよな


139 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:20:03.17 T+rNz2kHp

>>126

妖怪レス乞食


141 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:21:40.19 fE7y/6Ww0

>>126

有名どころの論文やとThe Homeric cyclopes: folktale, tradition, and themeとかやな
ちょっとタイトルの正確さには自信ないがアメリカの神話学会の論文だったかな
著名な研究者ならBurket Walter氏の本などがよく引用されとる


144 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:22:46.52 /ZbMZ9F90

そのうちフリーザも実在した?
とか言われるようになるのか


145 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:22:51.24 fE7y/6Ww0

>>133

君が紀元前からある妖怪図鑑って言うから地理書のって言うたんやん・・・すまんな


147 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:24:13.41 qYqVvU1+0

>>135

それも捨てがたい
青はなんやろね船酔いとか


148 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:25:09.18 Dbu19Ta90

昔は田舎行きゃ妖怪なんかそこら辺ウロウロしてたんやで
都会の人は信じられんやろけど


149 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:26:08.11 76hpINkd0

>>147

検索しようにもゲームのしか出て来なくて草
多分赤おるんやから青もおるやろ!って感じやろな


150 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:26:59.09 W3I2B8yV0

>>130

まーたこいつデマ言っとるわ
人魚という言葉?
山海経ぐらい読んでこいや

人国在建木西 其為人 人面而魚身無足

これが原文だからなハゲ


英語の名前出せば誤魔化せると思ったかハゲ


153 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:28:27.92 OTMb3tGya

鬼って古代はもっと範囲が広かった
見えないもの(オニ→隠に)って説があるし、悪霊とか荒ぶる神とか怪物とか全部ひっくるめてザックリ鬼って読んでた

見た目とかは仏教の影響で固定化されたんじゃね?見間違い説はどうにもしっくりいかない


157 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:29:42.62 JuCfi1K+0

>>153

大陸系の鬼は幽霊とか悪霊やなぁ


159 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:30:04.82 qYqVvU1+0

>>149

ぐう雑w


162 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:31:29.59 fE7y/6Ww0

赤鬼に関してはたぶんただの赤い鬼っていう表現なだけで、背の高い人、とか太った犬、とか言うのと変わらんのちゃうかなぁ
赤鬼っていう種族として成立した概念ではないと思うから、赤鬼の、あるいは派生した青鬼のルーツを論証することもできんと思う
たぶん赤鬼って単語の初出は泣いた赤鬼なんちゃうか


164 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:32:12.97 fE7y/6Ww0

>>150

君は物事を噛み砕いて説明するという観念を持ち合わせてないんか


165 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:33:32.43 Dbu19Ta90

>>141

日本の妖怪外人の論文に出てくんのか?


166 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:33:48.40 Lj/qrq4w0

してはいけない(戒め)の意味だったり理由がつかないものに意味を持たせた結果が妖怪なのかなぁと
民間の宗教みたいなもんなのかな


169 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:35:18.89 fE7y/6Ww0

>>165

単眼と製鉄の関わりに触れてる・論じてる論文ね
ワイは国内妖怪を知るというよりは世界各地の伝承と日本の伝承を比較するような研究しとるから海外の論文の方が読む機会多いんや


170 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:35:56.69 OTMb3tGya

鬼が角をはやして虎のパンツをはいてる理由っていうのは
鬼門は丑寅の方向→牛の角を持ち虎の毛皮を身につけるみたいな感じよ
この姿が固定化されるのは中世以降な


172 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:36:48.54 Dbu19Ta90

>>170

桃太郎のお供はその逆な
戌酉申


173 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:37:00.04 W3I2B8yV0

>>169

マンガ知識のホラを学問のように語るツイカスかよ引用元も出せん雑魚が
慌ててググったもんでなく引用元出してみいや


174 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:37:15.09 qYqVvU1+0

>>169

研究してんの?何歳なん?


175 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:38:14.18 fE7y/6Ww0

>>170

角に関してはかなり初期から鬼のイメージに付随してたって説もあるな
これに関してはなんかの漫画でちらっと見た程度でよく知らんけど、モンゴルあたりのシャーマンが頭に角みたいな装飾具をつけてたのが流入したとかどうとか


177 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:38:38.80 OTMb3tGya

>>172

その説は知らんかったわ
信憑性がどの程度あるか知らんけど話としては面白い


184 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:42:10.88 QqZbYVEf0

水木「あんた妖怪でしょ」
??「は、はい」


188 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/01/28(土) 06:44:53.49 OTMb3tGya

>>184

水木が妖怪なんだよなあ


引用元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1485549115/




関連記事

Posted on 2017/01/29 Sun. 19:16 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top