オカルト・不思議・謎まとめ

怖い話、怪談、不思議なこと、謎のまとめブログです

「カラスは不吉の象徴」っていつ頃から言われてるんだろう?  

598 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 04:04:00.74 ID:zw+Y0+hA0

多分関わると縁起悪いから、こちらでも無視か
軽くあしらわれるんだろうけれども、
まじ恐ろしいので、解説をお願いします。

尊属がびっくりするほどあっけなく逝ったが、なぜか本屋で相続の本が
入ってすぐ視界に飛び込んできたり、占いでは、目上の家族を大事にしましょうと
警告までされた。その場では、もちろん跳ね返そうとするし、忘れようと努めるなど
必死に避けるのですが、あとで、やはり不吉の知らせと、あとから思い知らされる。

最近は、自分のことで恐くなってきた。タロットでは必ず死神。
行く先行く先々で、カラスが「待ってたよ」と言わんばかりに、視界の
ど真んまん中にとまる。わざと車のまえをサーっと横切ったり。
他の人がいないところでよくある。今のところ、心当たりはないが、
もう使いが来てるってこと?逆に、親戚の訃報は
どういうわけか、春の場合は、その人の住む方角で鶯が鳴く。

家は長子の比率が高いせいか、親族の養分で弔事ばかり。
数代前に成金が要るので、その人のツケをうちが支払っているのか。
私にとっては、鳥が不吉の予兆となるのです。もう終わりなのでしょうか。


599 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 04:05:39.21 ID:zw+Y0+hA0

うわ、投稿時間が、すごく縁起の悪い数字だ。


600 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 04:13:46.04 ID:TUJhx9Mj0

>>598

「心療内科へ行きなさい」
それが唯一の解釈


607 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 08:47:08.05 ID:Up7PxflB0

「無視か軽くあしらわれる」のは「関わると演技悪い」せいにしている冒頭の
時点から病んでる感がヒシヒシだったから、まともなアドバイス>>600
,601が
ついてて安心したわ このスレもまだ捨てたもんじゃないのね


615 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 16:01:29.96 ID:IpMieDnW0

私も両親も祖父もカラス好きだから近くに来ると嬉しい
子供の頃巣から落ちた雛飼ってたけどすごく賢くて可愛かった
なぜか不吉扱いされてて可哀想


617 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 16:53:57.83 ID:MgwBNlyjO

そもそも「烏が不吉」っていうのっていつ頃から言われてるんだろ?
古来の日本では鳥葬が一般的で烏が死体を食べてくれて天に連れ帰って死の穢れを祓ってくれると信じられてたし
太陽の化身とも言われてるから天照大神が烏に宿ったり熊野大社でも神の御使いだったりするからね

烏は春から夏にかけて巣を作るから
縄張りに人が来るとわざとすれすれに飛んで威嚇して命懸けで子供守ってるだけなのに凶兆扱いは酷いわ…

まあ烏どころか鶯まで凶兆と捉えちゃう人に言っても意味は無さそうだけどさ


621 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 18:19:22.36 ID:pUypUNCm0

カラスの死骸なんて屁でもないじゃん。
うちなんて体長1mくらいの白犬が庭の畑に死んでてオエーだったよ。
首輪なかったけど、
行き倒れのノラ犬だったのか飼い犬処分に困っての果てなのかわからなかった。
見た目は腐敗してなかったけど、引きずり出すときには強烈な腐敗臭。
思い出しても吐き気がするわ。


622 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 18:32:08.49 ID:J7jCR5HI0

んーうちは普段は全く烏は来ないんだけどそこそこ田舎のこの地区で誰かの寿命がちかいといかにも不吉な鳴き方をしてうちの前の電線に数羽いることがある
案の定誰かが亡くなると烏はいなくなる
烏が集まっていて誰も亡くならなかったということがほとんどないのでみんな烏が家の前の電線に集ってると「誰か亡くなるのかな」って話してる
http://u111u.info/jT66

623 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 18:55:47.60 ID:sjnJfkZf0

カラスは色と鳴き声で損してるね
鮮やかな青とか白で美声だったらこんなに嫌われなかったろうに


624 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 19:01:34.78 ID:MgwBNlyjO

烏の嗅覚は凄い
公園で弁当食べてら頭上がヒッチコックみたいになってたことある
死体が出たら即集まってくる姿は昔の人には不気味だったんだろうから
古い人はどうしてもそのイメージで烏を見ちゃう
「烏が集まってたら必ず誰かが死ぬ」は
実際に当たってるのは100個中5個位しか無いのに「あの占い師の占いは常に当たってる」と言われちゃうのに近いよ
外れた占いはつまらないから誰の記憶にも残らないで
当たった占いは興味深いから語り継がれる

近所で誰かが死んでも烏が居ないことは普通にある
ただ死んだことが静かに伝わるから忘れちゃうだけ
逆に烏が集まってても誰も死んでなければそんな些末なこと忘れちゃう

たまたま誰かが死んだ時に烏が誰かの目にはいれば「そういえば烏が集まってたよ」って話だけが延々と増やされて
厳然たる事実になっちゃう法則


625 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 19:10:06.07 ID:MgwBNlyjO

>>623

昔の人もそう思ったんだろうね
「かつて烏は白く美しく綺麗な声で鳴いていた」っていう民話は世界各国にあるよw
かつて白く美しかった烏は人間が真っ暗闇な世界に暮らしててその姿を見ても褒めてくれず
哀れに思い自分の体に炭を塗って夜闇に紛れ
天の国の太陽から火を盗みだし人間に分けてあげたけど
その罰で体から炭が落ちなくなり、また火をくわえて来たせいで喉が焼かれて嗄れ声でしか鳴けなくなったっていう民話が好きだったな
メキシコの民話かな?小さい頃によんだこれのせいで烏好きに…



626 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 19:23:22.26 ID:NxAFgI6b0

子供の頃に見た、ヒッチコックの鳥やオーメン、鵺の泣く夜は…何かの記憶が関係してるんだと思う


627 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 20:07:30.42 ID:sjnJfkZf0

>>625

なんだか泣ける話だ


629 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 20:48:48.02 ID:cxjVWlZJ0

今は人が死ぬのはほぼ病院だけど、昔は殆ど自宅がだったでしょ
以前猫を看取った時、若いから外見は綺麗だが内臓がもうダメで息が腐臭がした
自宅で亡くなる人も、その腐臭をカラスは嗅ぎつけて集まるんだよ
死にそうな動物がいると、カラスが木に止まって待ってるのをよく見るよ


631 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 20:57:36.02 ID:fpgOEFJsO

カラスが嫌な鳴き方するとたいてい地震や葬式があるけど、病院で死んだり事故で死んだりでも鳴いてるよ。
http://u111u.info/jT66

632 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 21:22:12.47 ID:MgwBNlyjO

烏が一番鳴くのは春から夏の繁殖期
昔は疫病が流行りやすくて人が死にやすいのも梅雨の6月から夏越の大祓の7月
穢れがでる時期と鳴く時期が被ってるのもあると思うよ~


633 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 22:07:31.89 ID:MgwBNlyjO

>>631

東日本地震の時は烏が騒ぐんじゃなくて
普段居た烏が姿を消していたという報告があったらしいよ
地面の振動やプレート破壊の際の微かな電磁波が嫌で退避してたのでは、って擬似科学な人達は言ってたけど


634 :可愛い奥様@\(^o^)/ :2016/05/19(木) 22:07:58.52 ID:pUypUNCm0

カラスは知能高いからね。飼育すると九官鳥みたいに声マネもできるようになる。

話変わるけど、例の未来人てやっぱり普通の予知者で予知広めすぎて
もう能力なくなったらしいよ。
特定の人が霊界とシンクロして少し先が見えるようになるらしいけど、やってはいけないこと
=未来をバラす ことをしたためにシンクロできなくなる、って。


引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/ms/1461728055/




関連記事

Posted on 2016/05/20 Fri. 09:16 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 1

コメント

んなわけーねえだろう。

山の近く、巣の近くなら、民家の周りに来て、横切ったり、畑荒らしたり、屋根汚したり、鳴き声まき散らしたりして、非常にうるさく鬱陶しい迷惑な存在だろ。

害鳥は駆除して当然なんだよ。

その有害なものを放置して、のさばられている時点で国は無能と無神経
他人には関心を持たないといえる。助けあう精神がないよな。

URL |  #-
2017/08/15 08:37 | edit

コメントの投稿

Secret

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top