オカルト・不思議・謎まとめ

怖い話、怪談、不思議なこと、謎のまとめブログです

【恐怖体験】今から50年前、秋田は六郷村にて  

261 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/02/27(月) 19:46:02.67 /mPaAnOt0

よくないですか?


-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/31 Fri. 23:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

精神に異常をきたしそうなホラーゲー「Year Of The Ladybug」いつのまにか開発中止してた…  

名無しさん@おーぷん 2017/01/19(木) 11:37:38 gv4

2009年から温めてきたホラーゲームだがデベロッパーが見つからず開発中止との事

http://www.yearoftheladybug.com/



-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/31 Fri. 21:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

ホラーゲー作ってるんだけど、病院の地下に謎の研究所が広がってる設定はどう?  

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/30(木) 06:27:30.72 ianHOps/0

どう?


-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/31 Fri. 19:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

三大ホラー映画の禁忌「子供を殺す」「障害者を殺す」  

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/28(火) 22:19:09.88 eetA4Ntg0

後ひとつは?


-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/31 Fri. 12:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【画像あり】30年ぶりに新種に認定された雲がすごい不気味  

自治郎 ★ 2017/03/29(水) 12:21:50.56 CAP_USER9

移り変わりが早い雲の形にも分類があったのです。

私たち人間は「モノ」に名前を付けるのが好きですよね。人の集団や新しく発見した変わった動物、星、惑星…そして水蒸気の塊である雲にも。今回ある雲に名前が付けられ、新しい種類として公式に追加されました。その名は「アスペラトゥス波状雲」。

世界気象機関が発表した最新の国際雲図帳に、この新種の雲が追加されています。国際雲図帳では、私たちもオンラインでいろんな種類の雲の形状を見られるようになっています。新種の追加はなんと30年ぶり。雲マニアにはエキサイティングなニュースですね。

ペンシルベニア州立大学のDavid Babb助教授は「雲を分類する事は、私たちが実際に見ているものとコミュニケーションを図るための言語を作るようなものなんですよ」と話してくれました。雲ができるのにはいくつかの要因がありますが、多くの場合は大気中で水蒸気を含んだ空気が上昇すると、気圧が下がるので空気が膨張して温度が下がり、水蒸気が凝縮して水滴になるためです。また、風のスピードや温度、そして大気の状況などで雲の形は変わってきます。つまり、雲の形は大事な情報をたくさん含んでいる事になります。例えば白くてフワフワな雲は天気がいい日を表し、雲が高く昇っている時は天気が悪くなるサインなのです。

「雲を見る時に私たちが学生に教える事のひとつは、雲で大気の状態がわかるということです。もしハイキングをしている時に違った形状の雲を見たとします。重く平たい雲とカリフラワーのような雲では、その後どう行動するかが大きく変わってくるのです」とBabb助教授。

ちなみに国際雲図帳(International Cloud Atlas)は19世紀に初めて出版された雲の分類を解説したもの。雲の形や高さによって10属の基本形に分けられ、そこから形や雲の中身によって、さらに何十もの種に分けられます。世界気象機関が新しく認定した新種の雲、「アスペラトゥス波状雲」はトップ画像にあるような波打つ雲だそうです。ちょっと不思議で不気味な感じの雲ですね。

ちなみにアスペラトゥス波状雲は、イギリスの雲評価学会が分類して名前を付けるべきだと主張していた雲の種類で、今回ようやく認定されました。雲マニアは大喜びみたいです。

雲なんかすぐに形が変わっちゃうし、名前を付けたり分類したりする意味なんかあるの? と思う人も多いかもしれませんが、Babb助教授や世界気象機関のGeorge Andersonさんはそうは思わないそうです。「新しく雲の名前を国際雲図帳に追加することで、世界中の気象学者たちが統一された雲の特徴の分類ができるようになるんですから」とのこと。地震の前は不気味な形の雲が見られるといわれますし、雲の分類、やっぱり大事なんじゃないですかね?

2017.03.29 07:05
http://www.gizmodo.jp/2017/03/new-asperitas-cloud.html

画像



-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/31 Fri. 00:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【不思議体験】邪神コワモテ様  

367 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 13:30:30.99 gdIEaReT0

不思議、不可解であれば別に怖くなくてもええんよー


-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/30 Thu. 22:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【画像100枚】擬人化した妖怪の元ネタを当てるスレ  

名無しさん@おーぷん 2017/03/29(水) 00:14:54 vzM

1問目



-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/30 Thu. 21:18 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

恐竜が人間並みの知能もってたら地球終わってたな  

キドクラッチ 2017/03/29(水) 00:08:30.72 9g/5iOAQ0

オーストラリア北西部で、世界最大となる長さ1.75メートルの恐竜の足跡が発見された。同国クインズランド大学の研究チームが発表した。

この足跡は、長い首をもつ草食恐竜、竜脚類が残したもので、北部のダンピア半島でクインズランド大学のスティーブ・セイルスベリー教授のチームが発見した。

竜脚類は体高およそ5.4メートルの巨大恐竜だった。

恐竜の足跡は、南米ボリビアで昨年見つかった長さ1.15メートルの肉食恐竜の足跡がこれまで世界最大とされてきた。

セイルスベリー教授は足跡が見つかったダンピア半島の一帯を「オーストラリアのジュラシック・パーク」と命名している。同半島では21種類の恐竜の足跡が見つかっているといい、約1億4000万年前の岩盤もあった。

同半島では足跡の形成や保全に最適な環境が整っていたことから、今回の発見につながったとセイルスベリー教授は解説。」

「これほど多様な恐竜の足跡が見つかったのは初めて」と述べ、「もし1億3000万年前にタイムスリップすれば、あらゆる種類の恐竜が海岸沿いを歩き回る壮大な光景が見られるだろう」と話している。

研究チームは5年以上かけて同地で調査を行い、オーストラリアで初めてステゴサウルスが生息していた痕跡も確認した。

ソース/CNN
http://www.cnn.co.jp/fringe/35098826.html
画像



-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/30 Thu. 19:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【閲覧注意】ニシキヘビの体内から人間…  

以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/03/29(水) 18:23:29.47 k65jiamK0NIKU










Horrified villagers searching for their missing pal were shocked when they found him in the stomach of a 7m-long PYTHON who had swallowed him whole.
Friends of Akbar Salubiro was still wearing welly boots, short and t-shirt when he was cut from the belly of the beast.

The snake was sliced open with an 18-inch hunting knife after villagers hunting for Salubiro found it in his back garden.
The 25-year-old vanished after he set off for work harvesting palm oil in a remote village on the island of west sulawesi, Indonesia, on Sunday night.
http://www.irishmirror.ie/news/weird-news/body-man-swallowed-whole-monster-10115484


-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/30 Thu. 12:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【閲覧注意】30年前に作られたグロテスクなクソゲーを大発掘…拷問器具に拘束された人を撃ちまくる悪趣味ゲー  

ジャストフェイスロック 2015/07/03(金) 19:10:34.39 nmCEIGso0

今でこそグロテスクな表現のゲームは多くなってきているが、実は1980年代にもグロテスクな表現のゲームが存在していた。
幻のゲームと呼ばれていて今は入手するのが困難。
そのゲームは『Chiller(チラー)』というタイトルで、バーチャコップのようなガンシューティング。アーケード版がオリジナルで
NES版も存在していたという。発売されたのは1986年と今から29年も前。

1面からぶっ飛んでいるこのゲームは、拷問器具に拘束されている人達が画面中に映し出され、その人達を救うのではなく、
銃で撃つのである。すると叫び声と共に血だらけになるというもの。中にはギロチンにかけられている人がおり、
そのギロチンを狙うと刃が落下して首を切るというギミックもある。もちろん部位欠損のゴア表現は当たり前である。
何を考えて作ったのか良く分からないこのゲーム。足はもげるは、首は取れるはで病んでいるとしか思えない。
ステージクリアーすると「GOOD SHOOTING!」と表示される。2面になると場所は変わり別の拷問部屋の地下に移動。
ここでも何人かが拘束されており、撃つ場所により体を真っ二つにすることが可能。まん中の赤い川には手足が流れるという演出も。

3面になると今度はガラっと代わり、普通のガンシューティングになる。3面は館のモンスターを倒すという内容になり、
1面、2面の拷問ステージはなんだったのかと思ってしまう。

それ以前にこのゲーム、面白く無いのである。1986年だから仕方ないと思うかもしれないが、3面以降に関しては激ムズで
クリアするのがかなり難航する。4面に行くと屋敷の庭ステージとなり、それ以降はループである。上の数字が残り倒すべき敵の数字である。
何故か拷問されている人を殺してもカウントは減っているので、もしかしたら彼達もモンスターという設定なのかもしれない。

絵がチープな分見ていられるが、これがリアルだったら発売禁止モノだっただろう。
ゲーム内容が気になる人は下記動画を参照してほしい。

http://gogotsu.com/archives/9159







-- 続きを読む --

Posted on 2017/03/30 Thu. 09:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top