オカルト・不思議・謎まとめ

怖い話、怪談、不思議なこと、謎のまとめブログです

【画像あり】ソースコードに書かれた、退職した人からの隠されたメッセージが怖いと話題に…  

  2017/06/23(金) 23:51:36.21

ソースコードで発見した奇妙なコメント集
http://www.webcreatorbox.com/webinfo/comments-source-code/



-- 続きを読む --

Posted on 2017/06/25 Sun. 12:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【閲覧注意】タイで大人気の「犬のふん」スイーツ、あなたは食べられる?  

みつを ★ 2017/06/24(土) 18:19:46.20

http://www.afpbb.com/articles/-/3133275?act=all
(リンク先に動画あり、閲覧注意)

【6月24日 AFP】気分を害する方もいるかもしれない。しかしゼラチンを使って「犬のふん」の形と色を再現したスイーツをつくりはじめてからというもの、タイ・バンコク(Bangkok)のデザート製造業者にはひっきりなしに注文が来ている。19日撮影。(c)AFP

2017/06/24 11:57(バンコク/タイ)



-- 続きを読む --

Posted on 2017/06/25 Sun. 00:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【不思議体験】婆ちゃんの夢  

412 その2@\(^o^)/ 2017/06/22(木) 16:50:11.59

心配した新母ちゃんが、婆ちゃんを元の部屋にもどそう、と言い出した。
親父は反対したが、婆ちゃんに必要なのは今は一人の時間だ、と言い、婆ちゃんは一人暮らしに戻った。
婆ちゃんは一人暮らしを再開すると、また少しずつ前のように戻っていった。
化粧をして背筋ものび、声にも張りがでて元気になっていった。
ただ、親父はどうも婆ちゃんの一人暮らしに反対だったらしく、婆ちゃんの家にいき何度も家に戻るように説得をして
最後には、嫁と離婚してもいい、とまで言い出した。

結局、根負けした婆ちゃんはアパートを引き払い家に戻り、新母ちゃんと親父と婆ちゃん、そして俺の暮らしが始まった。
その時点で既に新母ちゃんがメインとなって家がまわっていたので、婆ちゃんは家にきてもすることがなく
新母ちゃんが気を使って用事を頼むんだが、婆ちゃんもヘソをまげて「そんなの自分でできるだろ」とやらなかった。

しばらくして、婆ちゃんにボケの症状が出てきた。
食事をしてしばらくして「ご飯はまだ?」、とか
買って来たケーキを自分で食べておいて「誰がケーキを食べた!」と怒ったり、
爺ちゃんのお墓にいってきた日の夜、突然「今日は爺ちゃんの命日なのにお墓にいかなかった!今からでもいいからいく!」と喚いたり。
徐々に婆ちゃんhあ壊れていった。
以前のように風船がしぼんだ婆ちゃんになり、動きも遅くなり、やたらとうつむいていた。
その反面、何か問題があると声をあらげて大騒ぎして、両手両足をバタバタさせて大暴れした。
家の中は混乱して、家族みんながギスギスしてきた。
それからしばらくして、婆ちゃんが道端で倒れ、救急車で運ばれた。
脳の血管が詰まり、命は助かったんだけど、体が不自由になってしまい、
入院していたんだけど、結局死んでしまった。


-- 続きを読む --

Posted on 2017/06/24 Sat. 22:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

そういや”怖い”小説ってなくね?  

  2017/06/23(金) 09:49:07.20

一応ホラー小説ってジャンルはあるけど
それって映画化されて初めて怖いとか言ってもらえるじゃん
読んでてトイレ行けなくなるとか、怖くて続きが読めないなんて言われる小説なくね?


-- 続きを読む --

Posted on 2017/06/24 Sat. 19:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【画像あり】隕石で作った「流星刀」奉納…小樽・龍宮神社 「榎本公の命をお預かりするつもりで…」一般公開は行わない  

rain ★ 2017/06/22(木) 13:18:40.55

隕石に含まれる鉄を使って明治時代に作られた希少な日本刀「流星刀」が、小樽市の龍宮神社に奉納された。

流星刀は、旧幕臣で北海道開拓にも貢献した榎本武揚(1836~1908年)が私財を投じて作らせた刃渡り約19センチの短刀だ。
家宝として大切に保管してきた、ひ孫の隆充さん(82)(東京都在住)が、武揚が創建した同神社に託すことにした。

科学技術に通じていた武揚はロシア公使在任中、同国で隕石で作った刀を見る機会があり、自分も作ってみようと、富山県で発見された隕石を購入。
依頼を受けた刀工が1897年(明治30年)、隕石から鉄を取り出し、大小計5本の刀を作った。1本は皇室にも献上されたという。武揚はこの件を論文にまとめ、学術誌に寄稿している。

流星刀は20日に奉納され、本間公祐宮司(50)は「榎本公の命をお預かりするつもりで、大切に保管したい」と語り、一般公開は行わないという。

奉納された流星刀(小樽市・龍宮神社で)


http://www.yomiuri.co.jp/national/20170622-OYT1T50008.html
2017年06月22日 07時55分


-- 続きを読む --

Posted on 2017/06/24 Sat. 09:15 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top