オカルト・不思議・謎まとめ

怖い話、怪談、不思議なこと、謎のまとめブログです

【閲覧注意38枚】ヒェッ…ってなるgifクレメンス(ネタ画像など多数)  

  2017/09/19(火) 01:17:22




-- 続きを読む --

Posted on 2017/09/25 Mon. 19:28 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【閲覧注意】岩明均が寄生獣より前に描いてた漫画がヤバいwwwwwwwww  

  2014/11/27(木) 01:40:06.97

うーんこの
















-- 続きを読む --

Posted on 2017/09/25 Mon. 09:16 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

素人でも使える、体感できる魔術ってない?  

  2015/08/10(月) 01:13:23.72

わかり易いのを頼む
できれば危険は小さいものを


-- 続きを読む --

Posted on 2017/09/25 Mon. 08:18 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

【恐怖体験】不思議なスーパーボール…他1篇  

154   2017/09/20(水) 21:15:44.19

小学生の頃、不思議なスーパーボールを持ってた。
駄菓子屋のスーパーボールくじで買った、何の変哲もないオレンジ色のボール。
大きさは直系4センチと小さい部類だったが、淡いオレンジの色が気に入って、
いつも指先で手遊びしてた。不思議な事は友人の一言から始まった。

「今日はあの青のボール持ってねえの?」「ん?青?オレンジのボールならあるよ。」
と、ポケットからボールを出すと。「オレンジ?これ、青じゃん。」
「はぁ?お前、なに言ってんの?」最初は友人がわざと冗談言ってるのかと思った。
なので、通りがかった別のヤツを呼び止めて、「このボール何色に見える?」「青」「ほらぁ」
この時点で『色盲』という覚えたての単語が頭をよぎる。悔しくてまた別のヤツに
聞いてみると「オレンジ」「だよな!」「はぁ?」。
それから、最初に話しかけた友人と二人で、クラスのほぼ全員にボールの色を
聞いて回ると、オレンジと青が大体半分づつくらいに分かれた。
確か職員室まで行って担任と、通りがかった美術の先生にまで聞いた覚えがある。
どっちがどっちだったか忘れたが,先生たちの答えも分かれてた。

先日、話題になったワンピースの画像で思い出したので、実家に戻った時
あの時のボールを探してみたがなかった。


-- 続きを読む --

Posted on 2017/09/24 Sun. 19:20 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

黒板キィー!“どうしても嫌いなトラウマ音”には共通点があった  

らむちゃん ★ 2017/09/23(土) 19:30:12.18

産経ニュース、2017.9.23 19:00更新
http://www.sankei.com/premium/news/170923/prm1709230011-n1.html

我が家には5歳の男の子がいるのだが、なぜかボタンのついた服を見ると怖がる。自分がボタンつきのシャツを着るなんて絶対に嫌がるし、私がボタンシャツを着ているのも嫌なようで「こっちにこないで」と言われる。

何かトラウマになることがあったとは思えないのだが……。人間には自分でも説明のつかない“嫌なもの”がある。例えば、“音”もそうである。

「教えて!goo」に、「聞くのは絶対無理!嫌いな音ってどんな音」という質問をさせてもらった。みなさんが苦手とする音にはどんな種類があるのか、見ていこう。

嫌な音には高い音が多い?

まずは嫌な音の代表格である黒板を引っかく音が嫌だという意見。「教室の黒板に、チョークを鋭角に当ててキッとさせる」(t_fumiakiさん)、「黒板を爪で掻く音」(Epsilon03さん)など、ほかにもいくつか同様の回答があった。

また、「歯科医院で歯を削る音」(かりさん)、「列車がホームに入って来るときのブレーキの踏み具合?で起こる金属音の『キィキィキィーーー』って言う耳をつんざくのが耐えられません」(momocinnkoさん)など、頭にキーンとくるような高い音が苦手だという意見が多かった。

「発泡スチロールのキュッキュする音。今思い出して書いてるだけで鳥肌が」(さかえちゃんさん)、「子供の頃は食器やグラスなどを指でキュッキュッとこする音が強烈に苦手でした」(carobさん)という二つの回答もやはり高い音という点で他と共通している。

冒頭でボタンを怖がっている我が家の男児のことを書いたが、その子どもが生まれたばかりの頃のことをふと思い出すとき、いつも脳裏に浮かぶのはどうしても泣き止まない子どもを抱きかかえて深夜の町をあてもなくさまよった時のことだ。


-- 続きを読む --

Posted on 2017/09/24 Sun. 13:29 [edit]

category: オカルト

tb: --   cm: 0

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

アクセスランキング

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード


▲Page top